犬フィラリア予防薬や猫フィラリア予防薬であるハートガード、ノミダニ予防や駆除薬フロントラインなど動物病院の半額でご購入いただけます。

銀行振り込み・各種クレジット決済取り揃えています

フィラリア予防されていますか?

犬の予防しなくてはならない病気の中で、もっとも感染率が高いのはフィラリアです。
日本はフィラリアの濃厚感染地域です。
ワンちゃんを愛情を持って育てようと思うのなら、フィラリアの予防は飼い主としても義務と言っても過言ではないでしょう。
感染後の治療をするよりも、まず感染させない!!!
ワンちゃんにとっては、この選択が最良です。

フィラリアの別名は、犬糸状虫と言い、蚊が媒介する寄生虫です。
感染すると、心臓(肺動脈)に成虫は寄生して、
心臓病、肝臓病、腎臓病など、いろんな病気を引き起こす、とても恐い病気なのです。

どうやって感染するの?

①まず、フィラリアに感染した犬の血を、蚊が吸う。
吸血時に、フィラリアの赤ちゃん(ミクロフィラリア)も、一緒に蚊が吸い上げてしまう・・・つまり、蚊がフィラリアに感染します。
②その蚊の体の中で、ミクロフィラリアは成長し、感染能力のある幼いフィラリア(感染仔虫)に成長します。
③その蚊が、犬を刺すときに一緒に幼いフィラリアがワンちゃんの皮膚に入っていきます。
④その後、皮膚の下や筋肉の中で成長し、さらに成長をしながら心臓に向かっていきます。
⑤心臓(肺動脈、右心室、右心房)が最終の住みかになり、そこでミクロフィラリアを産みます。
⑥ミクロフィラリアは、とても小さいので、全身の血液の中を流れます。そこで、蚊に吸われるチャンスを待ちます

もし感染したら、どうなってしまうの?

感染してすぐは、ほとんどのが無症状です。
数年経って初めて症状が出てくることが多くなっており、
「咳が出る。」
「何となく元気がない。」
「急に年老いたようだ。」
「食欲がない。」
「お腹が妊娠したように大きくなってきた。」
「フラフラする。たおれる。」
「散歩を嫌がるようになった。」
「吐く。」
「赤いおしっこをする。」など・・・。

フィラリアは心臓、肝臓、腎臓、肺などを痛めてしまい、寿命を縮めてしまう本当に怖い病気です。
症状だけで、フィラリアと判断できないことは多く、感染してもすぐには症状を示さないことが多いので、
症状を出して気づく場合は、感染がかなり重度だったり、長年心臓や他の臓器が痛めつけられていると考えた方が良いといわれています。
そこがフィラリア感染の怖いところ(盲点)です。

感染する確率は?

発表されているデーターでは、
一夏予防をしなかった場合、30~40%、
三夏予防しなかった場合、90~100%の感染率だと言われています。
中には、最後の1~2ヶ月だけ予防をしなかったとだけで感染する例もあります

感染したら、どうしたらいいの?

感染してしまったら、もう終わり、すぐに死んでしまうというわけではありません。
※急性症はすぐに命取りになることがあります。
様々な治療方法があるので獣医師と話し合って決めましょう。
ただ感染後の治療で、100%感染前の完全な姿には戻れません。
多少なりとも、いろんな臓器へのダメージが残ります。
そして、病気の進行度合いによっては、助からない場合もあります。
しかも、多額の治療費がかかる例がほとんどです。
1シーズンの予防費用と感染後の検査・治療薬(1ヶ月ぐらい)の料金が等しくなることも多く。
治療薬の投与は長期に及ぶ事(一生治療が必要なこともある)が多いので、
予防をした方が遥かに費用が安いのです。
また感染したワンちゃんは本当に辛いらしく、飼い主さんとしては費用面と精神面を含めて予防を徹底してあげて欲しいものです

毎年必ず投与するフィラリア予防薬を安く買うなら、個人輸入代行サービスがお勧め!

フィラリアの予防薬

フィラリア予防薬には錠剤のタイプとチュアブルと呼ばれるおやつ型のものがあります。
ワンちゃんが大好きなチュアブルタイプがおすすめです。

こちらがそのフィラリア薬。
ハートガードプラス
ハートガードプラスです。
世界最大級の製薬会社「メリアル」製で日本では「カルドメック」という名前で処方されている。
最もメジャーなフィラリア予防薬です

実はフィラリア予防薬の投与は通年投与がオススメ。

フィラリア予防薬の投与は基本毎年5月~11月ですが、温暖化の昨今ではそれでも100%とは言えません。
都市部の地下では冬でも蚊がいるので、地下に入った飼い主の服についた蚊が犬を刺さないとも限りません。
日本獣医師会も、フィラリア予防薬の通年投与をすすめています。
また上記のような理由で、
現在は5月~11月の間しっかりフィラリア予防した子でも、
フィラリア予防薬の投与開始前に、必ず血液検査をすることになっているので、
その度に毎年2~3,000円程度かかってしまうんですね。
それならば、5月~11月以外の時期も毎月薬をあげていれば、
動物病院に行く手間も省け、血液検査費用も抑えることができて一石二鳥なわけです。 動物病院に行く手間と、費用を抑えることができて更に100%安心の個人輸入代行&フィラリア予防薬の通年投与がオススメです!

商品一覧

該当商品はありません

  • はじめてのお客様へ
  • メールが届かない方へ
  • フィラリア予防をしましょう

私たちが運営しています

マサさん サポート担当
カズさん 発送担当




犬のフィラリア予防薬などの案内もしているペットOKなカフェブログ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • タイの祝日

ページトップへ